ネイティブの使い分け

客「guest / visitor / customer / client」の違い

2020年7月5日

英語学習

意味の違い

guest「招かれてもてなしを受ける客」

  • 招待客を表し、招待する側が積極的に誘ったニュアンスを含む
  • ホテルなどの宿泊客、レストランの客は guest と呼ぶ

state guest

国賓(国のお客様)

[st_af id="2463"]

visitor「訪問者・訪問客」

  • visit が訪ねるという意味から、訪問客を表す
  • 会社や展示会、美術館の客など、特に招待しなくてもやってくる客を指す

An unexpected visitor came to our office.

事務所に思わぬ訪問客があった。

[st_af id="2516"]

customer「お金を支払ってサービスを受ける客」

  • お金を支払って商品やサービスを消費する客(顧客)を指す
  • 常連客というニュアンスを含む

The customer is always right.

お客様は神様です。

スポンサーリンク

client「専門家への依頼人」

  • 企業や人に対し、専門家へ発注する側(依頼人)を指す
  • ある程度の付き合いがあり、ある程度継続的な取引があるニュアンスを含む

Your company is our most important client.

御社は、弊社の最も大切な取引先です。

 

使い分けのポイント

ポイント

どの立場における客であるかを意識しましょう。

guest は招待した側が手厚く持て成す客、
visitor は自主的にやって来る客、
customer は金銭が発生する客全般、
client は仕事の依頼主を表します。

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANACHAN

大学卒業後、社会人しながらTOEIC 320→800越え&ネイティブと交渉できる英会話力を習得! 英語習得後、転職を経て年収大幅UPに成功したエンジニアです。 実用的な英語力を習得したい人向けに情報を発信しています。

-ネイティブの使い分け
-, ,