ネイティブの使い分け

勧める「recommend / suggest / advise」の違い

意味の違い

recommend「(自信をもって)勧める」

  • 相手の何かを達成するための具体的な行動を伝える場合に使用する
  • 自信をもって案を推薦し、相手に進める場合に使用する

例文

I recommended you read my book called "Perfect English".
私はあなたに私の本「パーフェクト イングリッシュ」を読むことをお勧めした。

 

suggest「(控えめに)勧める、提案する」

  • recommend に比べ、控えめに勧めるという意味を表す
  • ちょっとした提案を行う場合に使用する

例文

I suggested we should meet up at my home.
私は、私の自宅で待ち合わせることを提案した。

 

advise「(専門的な立場で)勧める」

  • 専門家や権威ある人から、やや上から目線の忠告を意味する
  • recommend は具体的な行動を促すときに用いるが、advise は付加情報を与える場合に使用する

例文

I would advise you to get your eye check.
目の検査をすることをお勧めします。

 

使い分けのポイント

ポイント

具体的な内容か、また専門的な立場から勧めることができるのかを考えて使い分けましょう。

具体的な行動の情報を勧める場合は recommend、
控えめな提案を行う場合は suggest、
専門的な立場から忠告する場合は advise を使います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANACHAN

大学卒業後、社会人しながらTOEIC 320→800越え&ネイティブと交渉できる英会話力を習得! 英語習得後、転職を経て年収大幅UPに成功したエンジニアです。 実用的な英語力を習得したい人向けに情報を発信しています。

-ネイティブの使い分け
-, ,

© 2020 My English