ネイティブの使い分け

明らかにする「disclose / reveal / identify / clarify」

意味の違い

disclose「(意図的に秘密にされていたことを)明らかにする」

  • 隠蔽や秘密にされていた事実を暴露する場合に使用する
  • フォーマルな場面で使用されることが多い

例文

Don’t disclose this information.
この情報を公開してはいけません。

スポンサーリンク

reveal「(解析や研究によって)明らかにする」

  • 解析や研究によって今まで知られていなかったことを明らかにする場合に使用する
  • 何か真実を打ち明かす場合にも使用する

例文

He didn’t reveal himself to the end.
彼は最後まで正体を明かさなかった。

スポンサーリンク

identify「(照合して身元や出処を)明らかにする・特定する」

  • あるモノ同士を照合、確認して身元や出処を明らかにすることを表す
  • 原因を特定する場合など、問題の本質を特定する場合にも使用する

例文

The bug that block the system was identified.
システムを止めていた不具合を特定した。

SANACHAN
身分証明を意味するIDが語源となっています。

スポンサーリンク

clarify「(物事を)はっきりさせる」

  • 結論がわからない状況や曖昧な状況を明らかにする場合に使用する

例文

Please clarify yourself a bit?
もう少し明確にしていただけますか。

SANACHAN
clearが語源となっており、物事をクリアにすることですね。

 

使い分けのポイント

ポイント

何をどのように明らかにするのかに注目しましょう。

秘密にされていることを暴露する場合は disclose、
研究などで未知のことを明らかにする場合は reveal、
身元を明かす場合は identify、
物事をはっきりさせる場合は clarify を使用します。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANACHAN

大学卒業後、社会人しながらTOEIC 320→800越え&ネイティブと交渉できる英会話力を習得! 英語習得後、転職を経て年収大幅UPに成功したエンジニアです。 実用的な英語力を習得したい人向けに情報を発信しています。

-ネイティブの使い分け
-, ,

© 2020 My English