オンライン英会話

【徹底解説】オンライン英会話の特徴から見えるメリットとデメリット

2020年7月23日

いつでもどこでも気軽に英会話レッスンを受けられるオンライン英会話。今や大人気の英語学習方法の一つです。「手頃な価格で」というのも理由の一つだと思いますが、特徴を知らずに学習を続けても英語を習得することは難しいと思います。

今回は、オンライン英会話の特徴と、オンライン英会話のメリット・デメリットの結びつきを簡単に纏めました。では、さっそく見ていきましょう。

 

オンライン英会話の特徴

ポイント

オンライン英会話のサービス内容は、一般的に下記のような特徴があります。

  • スカイプ(Skype)や独自のオンライン学習システムを利用
  • マンツーマンレッスン(1対1での会話)
  • フィリピン人講師を中心にネイティブを含む多国籍の講師と話せる
  • 毎回オンライン上で自分で講師を予約する
  • 1回のレッスン時間は約25分程度

 

オンライン学習システムの利用

講師との質疑応答などを成立させるための音声通信、会話に必要な表情を読み取る映像、これらをオンライン(インターネット)上で実現して学習するシステムを利用します。導入費用が不要のSkypeを利用する場合や、企業が製作した独自のオンラインシステムを利用して学習します。

 

マンツーマンレッスン

オンライン英会話では、マンツーマンのレッスンが主流となっています。「人前で苦手な英語を話すのは恥ずかしい」と思う方が多く、人気のレッスンスタイルになっています。「話さなければ何か気まずい」という感情の相乗効果もあり、グループ学習よりも大きな効果を生みだすのも事実です。

 

フィリピン人講師を中心とした講師が在籍

フィリピンでは公用語として英語が使用されており、第2言語として英語を習得しています。小学校から英語教育を受けており、日本人と同じ英語教育の境遇です。つまり、第2言語として学習する人の苦労や、習得に必要なポイントを講師自身が体験しているため、「日本人に合う教え方」を理解しているのです。

 

自分で講師を予約

オンライン学習システム、又はWebサイト上で、自分で好きな講師を検索して予約できます。レッスン日時や講師のプロフィール(国籍、性別、年齢、趣味など)を見て自分に合った講師を見つけることが可能となっています。

 

レッスンは約25分

何かの物事に集中して取り組める時間は、大人で1時間程度と言われています。普段と異なる言語で会話を行う場合、相手の会話を理解したり自分の言いたいことを発言するために頭をフル回転させる必要があります。フル回転ではスグに疲れて思考力が低下してしまうため、1回25分と設定し効率的に学習できるようになっています。

 

オンライン英会話のメリット

オンライン英会話は、通学型の英会話スクールと比較した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。特徴から見える根拠と合わせてご紹介いたします。

  • 低価格で英会話のレッスンを受講できる
  • 早朝から深夜までいつでもどこでも好きなときに受講できる
  • 講師を自分で選ぶことができ、様々な分野の英語に触れることができる

 

メリット①:低価格で英会話のレッスンを受講できる

レッスンの価格帯

オンライン英会話で毎日1回25分のレッスンを受ける場合、月額5,500円~7,000円程度が相場となっています。通学型の英会話スクールでマンツーマンレッスンを受ける場合、1回50分のレッスンだけでも5,000円~8,000円程度が相場ですので、スクール通学と比較すると非常にリーズナブルな価格設定だと言えます。オンライン英会話であれば、自宅で毎日取り組むことができますし、英会話力の向上に効果的です。

 

低価格で提供できる理由

なぜ、このような価格帯でサービスを提供できるのかというと、オンライン英会話の特徴である「オンライン学習システムの利用」と「フィリピン人を中心とした講師陣」が関係しています。オンライン学習システムを利用すると、レッスンを提供する場所の確保、家賃が不要になります。また、日本に比べて人件費の安い講師を主力とすることで、経費を抑えることができているためです。

 

メリット②:早朝から深夜までいつでもどこでも好きなときに受講できる

自由度の高いレッスン開講時間

オンライン英会話では、早朝5時頃から深夜2時程度までレッスンを受講することができ、なかには講師の住む国との時差を利用することで24時間レッスンを受講できるサービスもあります。隙間時間を利用して効率的にレッスンを受講できる点は大きな魅力です。

また、オンライン英会話ではレッスンを受講する場所も制限がありません。昼休みを利用して職場や学校の会議室でレッスンを受講したり、通勤、通学途中にスマホやタブレットでレッスンを受講することも可能です。

 

フレキシブルな時間に開講できる理由

これは、オンライン英会話の特徴である「オンライン学習システムの利用」が大きく寄与しています。オンラインで行うレッスンのため、多くの講師は自国(フィリピンや欧米諸国)からオンラインに接続します。講師と生徒が1ヵ所に集まる必要が無く、講師と生徒、双方の都合がつけばレッスンを開講・受講することが可能となり、それがメリットになっているのです。

 

メリット③:講師を自分で選ぶことができ、様々な分野の英語に触れることができる

多国籍講師と国際交流

オンライン英会話では、毎回自分で好きな講師のレッスンを予約するのが一般的です。何人かの講師のレッスンを受けてからお気に入りの講師を絞り込み、その講師のレッスンを受講し続けることもできますし、毎回違う講師のレッスンを予約して様々な分野の英語に触れることも可能です。

最近では、講師のプロフィールや自己紹介をYouTubeなどで視聴し、確認したうえで予約することができるので、自分と相性が合いそうな講師だけに限定してレッスンを受講することができます。

 

多種多様な講師が在籍する理由

これは、オンライン英会話の特徴である「毎回オンライン上で自分で講師を予約」から生まれるメリットです。一般的な教育を受けたフィリピン人が講師と成れる可能性を秘めているため、多種多様な経歴や趣味をもつ講師が在籍しています。自分に合う講師に出会える確率がグッと高くなることは間違いないでしょう。

 

オンライン英会話のデメリット

分からない

オンライン英会話にも、もちろんデメリットはあります。3社(DMM英会話、ECCオンラインスクール、Eigoru)を実際に受講してみて、私が感じたオンライン英会話のデメリット、特徴から見える根拠と合わせてご紹介いたします。

  • 日本人との会話に慣れている講師が多い
  • 講師の質にばらつきがある
  • 自らの意思で継続する難しさ

 

デメリット①:日本人との会話に慣れている講師が多い

通学型の英会話スクールにも同じデメリットがありますが、日本人向けにサービスを提供しているオンライン英会話の講師は、当然ながら皆日本人との会話に慣れています。講師は、日本人の発音、話し方、リズムに慣れていますので、拙い(つたない)英語力の会話でも、こちらが伝えたいことを理解してくれます。

また、オンライン英会話の特徴である「フィリピン人を中心とした講師陣」は同じ教訓を得ているため、日本人の躓きやすいところを理解した上で分かりやすい英語で話してくれます。

しかし、現実は違います。ほとんどの外国人は日本人と会話した経験がありません。特に英語が母国語(第1言語)のネイティブは、少し発音が違っただけで通じません。

SANACHAN
このデメリットの直接的な解決策はありませんが、オンライン英会話を通じて会話経験を積むことで解消されます。

 

デメリット②:講師の質にばらつきがある

各サービスともに、採用面接の厳しさ、講師の教育、講師のレベルの高さを前面に出していますが、現実問題として、講師の質にはばらつきがあります。生徒について過去のレッスンのことを記録し、間違えがちな箇所を逐一指摘してくれる、まさにプロと言える先生がいる一方、残念ながら「適当に流している?」と感じてしまう質の低い講師もいます。

また、このデメリットはオンライン英会話の特徴である「マンツーマンレッスン」にも深く関係しています。レッスンを受講したいと思う日時(週末や日本の夜など)にそれと同じだけの講師を用意しないと需要と供給が成り立たないためです。多くの講師を採用するには、どうしても採用基準が下がってしまうということです。

プロ意識の高低は年齢に関係ありませんが、質の高い人気の講師はレッスンの予約が埋まっています。

SANACHAN
オンライン英会話のメリットを活かし、自分と相性が合いそうな人気講師、かつベテラン講師の方を選べば質の低い講師に当たる確率が下がります

 

デメリット③:自らの意思で継続する難しさ

メリットとして、自分の好きなときにレッスンを受講できると紹介しました。一方、これはデメリットにもなります。通学型の英会話スクールの場合は、予めレッスンの日時が決まっていますので、習慣化されやすく、継続しやすいというメリットがあります。

一方、オンライン英会話は、好きなときにレッスンを受講できますが、それは、「受講タイミングを自らの意志で時間を決めなければならない」ということになります。オンライン英会話の場合、キャンセルするための電話やメール連絡は不要ですし、キャンセルした場合のキャンセル料も少ないため、継続する強い意志を持っている必要があります

SANACHAN
これは、オンライン英会話の特徴である「自分で講師を予約」と強く結びついています。どんどんレッスン予約し、「毎日の日課」のように習慣化することをお勧めします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「オンライン英会話のメリットとデメリット」を「オンライン英会話の特徴」という切り口でご紹介いたしました。読み返してみると、「1回のレッスンは約25分」という特徴と結びつくデメリットは無さそうですね。

オンライン英会話は、英語を習得する勉強法の一つにすぎません。飛躍的な効果を発揮させる秘訣は「継続」です。是非、ご自身に合った勉強法を模索していただき、それが「オンライン英会話」だった場合に参考にしていただければ幸いです。

また、以下の記事で私が厳選したオンライン英会話を5つご紹介しています。あわせてご覧ください。

こちらもCHECK

【徹底比較】本当におすすめできるオンライン英会話5選と3つの比較ポイント

数多くあるオンライン英会話の中から、本当におすすめできるサービスを比較・厳選してご紹介いたします。実際に比較する際の3つのポイントも解説しています。オンライン英会話の選択に迷っている方や、自分にぴったりのオンライン英会話を探したいという方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

以上、「【徹底解説】オンライン英会話の特徴から見えるメリットとデメリット」でした。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANACHAN

大学卒業後、社会人しながらTOEIC 320→800越え&ネイティブと交渉できる英会話力を習得! 英語習得後、転職を経て年収大幅UPに成功したエンジニアです。 実用的な英語力を習得したい人向けに情報を発信しています。

-オンライン英会話
-, ,

© 2020 My English