TOEIC

【TOEIC攻略】いざ、700点突破!学習効果を最大化する3秘訣

2020年9月30日

TOEIC 700点というと、英語によるキャリアアップを考えている人が第一に目標とするスコアです。

このレベル帯からスコアの伸び悩む人が多く、読者のみなさんの中でも苦労されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、TOEIC 700点突破を目指す方のために、TOEIC学習の効果を最大化する3つの秘訣を伝授します。

秘訣①:継続は力!モチベーション維持

やる気

課題

TOEIC 700点前後のレベル帯から、スコアの伸びが鈍くなる傾向にあります。となると、困難なのがTOEICを学習するモチベーションの維持です。

私は社会人デビューした2年目ぐらいから、TOEICの勉強を集中的にしていました。しかし、TOEICのスコアが伸び悩んでいた原因を日々の忙しさにかこつけ、勉強しない日もあり、自分の意志の弱さを責めることもありました。

解決の秘訣:積み重ねている学習時間の可視化

そこで、私はキッチンタイマーを使って勉強してみることにしました。自分の勉強した時間を数字で記録していくことにしたのです。数字は正直です。それまでは、学習しなかった日があっても、

  • 「2日前はちゃんと勉強したし、今日くらいいいか。ん? 2日前もサボったっけ?」
  • 「たぶん今日は…25分くらいは勉強したよな?」

という具合に、勉強しなかった事実が危機感に結びつくということがあまりありませんでした。

しかし、自分の学習状況を視覚化するようになった途端、危機感が生じ、毎日勉強を継続するようになったのです。

また、勉強時間が蓄積されていく感覚が楽しく、無理なく毎日120分程度の勉強を続けることができるようになりました。

ポイント

先ずは、達成できる短い時間目標から始め、達成感を得る感覚をつかんだ後に学習時間を拡大していくと良いでしょう。

秘訣②:短い時間で大きな効果を生む「反復」

課題

TOEIC 700点を目指す方の多くは、基礎的な単語や文法を習得済みであると思います。

しかし、人間とは忘れる生き物です。特に、短期間でたくさんの単語や文法を覚えてきた方は要注意!

解決の秘訣:短時間の「思い出しの機会」

短期間で覚えたものは短期間で忘れてしまいます。毎日の勉強の中に、30分くらいの既習事項の復習をとりいれましょう。

単語や文法など暗記が必要なものについては、とにかく「反復すること」が覚えるコツです。

TOEICに限らず、言語の学習は「思い出しの機会」を多く設け、忘れないための学習をすることが大切です。

住所や電話番号なども、初めのうちはあいまいな記憶ですが、書類の記入など折に触れて思い出す機会があるので、次第に忘れることのない記憶(長期記憶)になっていきます。

同様に、TOEIC出題範囲の単語や文法も「反復」で覚えていきましょう。

ポイント

ポイントは、「1日に〇分間、復習をする」と決めた以上の時間を費やさないことです。なぜなら、復習以外の勉強も大切だからです。

復習ばかりしていても、スコアの伸びは期待できません。復習と新しい学習の両輪で前に進んでいきましょう!

秘訣③:正確な弱点把握で定期的な軌道修正

なぜ?

課題

TOEIC 700点前後というのは、間違える箇所や原因が人によって大きく異なってくるレベル帯です。

例えば「TOEIC 400点以下の受験者は概して単語や文法がわかっていない」など、スコアの各レベル帯において、受験者間に共通の特徴があります。

しかし、TOEIC 700点を目指すレベルに差し掛かると、「Aさんは TOEIC Part6のような空所補充が苦手」「Cさんはまだわからない単語がかなり多い」など、人によってかなりの症状の違いが出てきます。

つまり、「こうすれば点数が伸びる!」という一律の攻略法があまりないのが、このレベル帯の受験者が伸び悩む一因となっています。

解決の秘訣:弱点分析に基づく学習

では、どのような学習習慣が望ましいのでしょうか。それは、「自分の弱点を正確に把握してそれに応じた勉強を進めていくというサイクル」に基づいた定期的な軌道修正です。

まず、3週間おきの日曜にTOEIC本番形式の問題に取り組む、などと決めましょう。

解き終えた後は必ず、どの問題をなぜ間違えたのかを分析します。

「TOEIC Part3の正答数が低いからPart3の強化をしよう」という安直な分析ではなく、「なぜこの問題で間違えたのか」まで考えましょう。その原因によって、するべきことが変わってきます。

そうして洗い出したポイントに絞って、強化していけばよいわけです。そして、TOEICの目標点に達成するまで、この周期を繰り返していきましょう。

ポイント

3週間というのはあくまでも目安ですので、自身の受験計画に合わせて調整していただければよいです。どのような形であれ、サイクルを作ることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

TOEICなどの英語学習法ではよく紹介される秘訣ですが、TOEIC 700点を目指す頃に忘れがちな内容です。特に、TOEIC 700点前後は一律な攻略法が無いため、「継続・反復・分析」の3点セットをご紹介しました。

以上、「いざ、700点突破!学習効果を最大化する3秘訣」の話題でした。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SANACHAN

大学卒業後、社会人しながらTOEIC 320→800越え&ネイティブと交渉できる英会話力を習得! 英語習得後、転職を経て年収大幅UPに成功したエンジニアです。 実用的な英語力を習得したい人向けに情報を発信しています。

-TOEIC
-, , ,